顔脱毛 箇所

顔脱毛といっても、箇所可能箇所はサロンによって微妙に違います

 顔脱毛と一言にいっても、サロンによって脱毛可能箇所がさまざまです。顔脱毛といわれる箇所には、鼻の下、あご下、おでこ、うなじ、もみあげ、全体と分かれています。どこのサロンも事前にカウンセリングは必ずあるので、どの箇所までできるのかということを聞いておくことが大切です。それと同時に、お肌への負担はどうなのかも聞いておくと、より安心して脱毛してもらうことができます。
 実際にサロンに行ってカウンセリングをしてもらう前にも、インターネットなどで情報を得ておくようにしましょう。口コミが載っていると、実際に体験した人のことが書いてあるので参考になります。また、自分の脱毛したい箇所から、サロンを探し出してもよいです。どのような施術内容なのか、アフターケアについては充実しているかなど基本的なことはチェックしておくようにしましょう。また、料金を確認しておくことも大切です。サロンによって微妙に違ってくる顔脱毛の箇所について、きちんと納得のいくまで確認してから脱毛してもらうようにしましょう。

顔脱毛は、だいたい以下の5箇所に分かれることが多いです

 顔脱毛というと、たいていは顔の中でも何カ所か分けられています。顔全体もありますが、ピンポイントで脱毛したいという人のためにも、箇所が分けてあるのです。一般的な箇所には、フェイスライン、鼻下、あご、おでこ、頬という分け方になっています。人それぞれ産毛の濃い薄い、多い少ないには個人差があります。悩んでいる箇所にも違いがあります。その中でも、特に多いのが鼻下ではないでしょうか。抜くのも難しいし、剃ると男性の髭剃り後のように青白く見えてしまうこともあります。そんな理由から、サロンに通う人も多いです。
 また顔脱毛することによって、お肌がワントーン明るくなり、化粧ノリも全然違うのでムダ毛に悩んでいないという人でも通っています。脱毛する箇所が分かれていることで、選択肢が増えるので、効率的に脱毛することもできるのです。ただ、サロンによって顔脱毛の部位の分け方が違うこともあるので、カウンセリングの際やホームページ上で確認をしておくようにしましょう。


このページの先頭へ戻る